任天堂、2018年3月期業績予想を上方修正…売上高は大台の1兆円へ スマホ版『マリオカート』を来期に配信予定

Share on Facebook8Tweet about this on TwitterShare on Google+0

【決算概要】

 任天堂株式会社が1月31日に発表した2018年3月期第3四半期累計(2017年4月1日~2017年12月31日まで)の決算は、売上高8570億1200万円(前年同期比175.5%増)、営業利益1564億6200万円(前年同期比494.6%増)、経常利益1945億6300万円(前年同期比296.2%増)、四半期純利益1351億6500万円(前年同期比31.3%増)と大幅な増収増益となった。なお、売上高のうち海外売上高は6399億円、比率74.7%を占める。

 第3四半期(2017年10月1日~12月31日)単体で見ると、売上高4830億円、営業利益1165億円、経常利益1250億円、四半期純利益837億円だった。Nintendo Switchを中心としたハードウェアが発売以来好調な売れ行きとなり、年末商戦期において販売台数が大きく増加したのが要因となる。

 

【事業状況】

 はじめにNintendo Switchの状況から。ソフトウェアでは2017年10月に発売した『スーパーマリオ オデッセイ』が大ヒットとなり、全世界で907万本の販売を記録。また、同年4月に発売した『マリオカート8 デラックス』が全世界733万本、同年7月に発売した『Splatoon 2』が全世界491万本を販売し、当期のミリオンセラータイトル数はソフトメーカーのタイトルを含めて8タイトルとなった。この結果により、当期のハードウェアの販売台数は1213万台、ソフトウェアの販売本数は4710万本を記録。

 ニンテンドー3DSでは、ハードウェアの販売はNintendo Switchの発売後も勢いを落とすことなく、特に米国では年末商戦期に販売を伸ばした。その他の地域でも堅調に推移し、販売台数は586万台(前年同期比9%減)となった。ソフトウェアでは、2017年11月に発売した『ポケットモンスター ウルトラサン・ウルトラムーン』が全世界717万本と販売を伸ばしたが、当期の販売本数は3125万本(前年同期比33%減)となった。

(出典)2018年3月期 第3四半期 決算参考資料 p5

 その他、2017年9月から10月にかけて国内外で発売した「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」が人気となったほか、amiibo(アミーボ)は、ソフトウェアの発売と同時に新作を発売するなどラインアップの拡充を図り、フィギュア型が約930万体、カード型が約500万枚の販売となった。

 また、ダウンロードビジネスは、特にNintendo Switchでのダウンロード販売が好調だったことにより、ダウンロード売上高合計では431億円(前年同期比87%増)となった。なお、ゲーム専用機のソフト売上高全体に占めるダウンロード売上高の割合は15.5%だ。

 スマートデバイスビジネスでは、前期までに配信を開始した『スーパーマリオ ラン』『ファイアーエムブレムヒーローズ』に加え、2017年10月から11月にかけて国内外で配信を開始した『どうぶつの森 ポケットキャンプ』が全世界でダウンロードされて、スマートデバイス・IP関連収入等の売上高は291億円(前年同期比172%増)を記録。

 

【見通し】

 2018年3月期の業績予想については、2018年1月31日に上方修正を行った。なかでも売上高は前回発表予想から6.3%増の1兆200億円と“1兆円”の大台に乗った。その他今回の上方修正では、営業利益が1600億円(前回発表予想から33.3%増)、経常利益が1750億円(同40.0%増)、当期純利益が1200億円(同41.2%増)としている。

 第4四半期(2018年1月1日~3月31日)は、Nintendo Switchにおいて、『ベヨネッタ2』を2月に、『星のカービィ スターアライズ』を3月に発売するほか、ソフトメーカーからも有力タイトルの発売を予定している。発売済みの人気タイトルに加えて、魅力あるタイトルを継続的に投入することで、プラットフォームの普及拡大を目指すとのこと。

 一方ニンテンドー3DSについては、3月に『名探偵ピカチュウ』を発売。また、ハードウェアの普及基盤を活かし定番タイトルの販売拡大に努めていくという。その他、スマートデバイスビジネスでは、配信したアプリをより多くのユーザーに継続して楽しんでもらえるよう運営に注力していくようだ。

 また、「マリオカート」のスマートデバイス向けアプリとなる『Mario Kart Tour(マリオカート ツアー)』を、来期(2018年4月~2019年3月)に配信予定であることも発表した。同社が誇る人気IP待望の“スマホ版”ということもあり、収益の柱に成長することが期待される。詳細は、今後適切なタイミングで発表していくという。


【関連リンク】

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

Share on Facebook8Tweet about this on TwitterShare on Google+0
IR 決算情報
Tagged with: ,