カプコン、第3四半期はデジタルコンテンツ事業の利益率改善に伴い増益 足元は旗艦タイトル『モンハン:ワールド』がシリーズ最高の出荷本数500万本を記録

Share on Facebook1Tweet about this on TwitterShare on Google+0

【決算概要】

 株式会社カプコンは1月31日に2018年3月期第3四半期の決算を発表した。第3四半期連結期間(2017年4月1日~12月31日)の業績は、売上高477億4000万円(前年同期比10.8%減)、営業利益70億900万円(前年同期比36.9%増)、経常利益70億9900万円(前年同期比71.2%増)、四半期純利益44億3900万円(前年同期比60.7%増)と減収増益なった。

 第3四半期は、同社の主力事業であるデジタルコンテンツ事業において、『バイオハザード7 レジデント イービル』(プレイステーション4、Xbox One、パソコン用)、『モンスターハンターダブルクロス Nintendo Switch Ver.』(Nintendo Switch用)が堅調に推移したものの、アミューズメント機器事業においては、市場環境の変化を踏まえ新作の発売時期を見直したことにより減収となった。一方、利益面ではデジタルコンテンツ事業の利益率が改善したことにより増益となり、5期連続の営業増益に向け堅実に足場を固めているという。

(出典)2018年3月期 第3四半期 決算補足資料 p6

(出典)2018年3月期 第3四半期 決算補足資料 p8

 

【事業状況】

 カプコンは、大きく分けてデジタルコンテンツ事業、アミューズメント施設事業、アミューズメント機器事業、その他事業の4つからなる。

 まず主力のデジタルコンテンツ事業は、『バイオハザード7 レジデント イービル』や『モンスターハンターダブルクロス Nintendo Switch Ver.』が堅調に推移したほか、『ウルトラストリートファイターII ザ・ファイナルチャレンジャーズ』(Nintendo Switch用)もスマッシュヒットを記録。一方、2017年9月発売の欧米をターゲットにした『マーベル VS. カプコン:インフィニット』(プレイステーション4、Xbox One、パソコン用)は、軟調に展開。なお、コンシューマタイトルの販売実績として、ダウンロード(DLC)の売上比率は40.1%を占めている。

 オンラインゲームは、配信10周年を記念して大型アップデートを行った『モンスターハンターフロンティアZ』が根強い人気に支えられ底堅く売上を伸ばした。『ドラゴンズドグマ オンライン』は、2017年12月にシーズン3.1のアップデートを実施。

 他方、現状の局面打開に向けて提携戦略等の事業改革を推進中のモバイルコンテンツは、『モンスターハンター エクスプロア』が安定した人気を持続するとともに、IPを用いたライセンス収入が利益向上に寄与。また、トピックスとしては、2017年11月にiOS/Android向け『Puzzle Fighter』を欧米、アジアで配信開始。

 これらの結果、売上高は308億4400万円(前年同期比8.5%増)、営業利益62億5700万円(前年同期比328.2%増)となった。

(出典)2018年3月期 第3四半期 決算補足資料 p13

(出典)2018年3月期 第3四半期 決算補足資料 p15

 アミューズメント施設事業は、新規出店として2店舗をオープンするとともに、1店舗閉鎖し、施設数は37店舗となった。女性や訪日客等新規ユーザーの増加により市場が活性化する状況のもと、顧客ニーズに対応したゲーム機の設置や各種イベントの開催、サービスデーの実施等の集客展開により、親子連れ等新規顧客の取り込みやリピーターの確保に取り組むほか、店舗運営コストの削減にも努めてきたとのこと。この結果、売上高は76億3200万円(前年同期比8.0%増)、営業利益8億1500万円(前年同期比33.4%増)に。

(出典)2018年3月期 第3四半期 決算補足資料 p17

 逆風下のパチスロ機部門を含むアミューズメント機器事業は、『バイオハザード リベレーションズ』が原価率の低減により一定の利益を確保できたほか、受託ビジネスの拡大に努めてきた。しかし、型式試験方法の変更等に伴う市場環境の影響は避けられず、弱含みに展開。

 一方、業務用機器部門は、メダルゲーム『モンスターハンター メダルハンティングG』が安定した人気に支えられ底堅い売行きを示したが、同事業は総じて軟調に推移。この結果、売上高は77億1100万円(前年同期比53.5%減)、営業利益21億2800万円(前年同期比60.7%減)となった。

(出典)2018年3月期 第3四半期 決算補足資料 p19

 最後にその他事業。主なものはライセンス許諾によるロイヤリティ収入やキャラクターグッズ等の物品販売で、売上高は15億5200万円(前年同期比9.5%増)、営業利益7億5800万円(前年同期比34.8%増)となった。

 

【見通し】

 2018年3月期の連結業績予想(2017年4月1日~2018年3月31日)は、売上高930億円(前年同期比6.7%増)、営業利益145億円(前年同期比6.2%増)、経常利益140億円(前年同期比11.2%増)、当期純利益95億円(前年同期比7.0%増)としている。

(出典)2018年3月期 第3四半期 決算補足資料 p25

 2018年3月期今後の見通しとして、コンシューマでは旗艦タイトルである『モンスターハンター:ワールド』(プレイステーション4、Xbox One用)を2018年1月26日に世界同時発売。国内外での支持を獲得し、発売から3日でシリーズ最高の出荷本数500万本(ダウンロード版販売実績を含む)を記録した。決算カンファレンスコールの質疑応答では、明確な計画本数は開示出来ないとしながらも、同社は「すでに今期の計画は達成。想定以上の出足となった」とコメントしている。今後はモンスターの追加等、数回の無料アップデートを予定しており、息長く販売数量を伸長させていくとしている。

 一方モバイルコンテンツは、内作および協業にて、来期に向けた新作の開発を推進。アミューズメント施設事業は、コンシューマとの相乗効果を生み出す各種施策を推進している。


【関連リンク】

©CAPCOM CO., LTD. 2018 ALL RIGHTS RESERVED.
©CAPCOM CO., LTD. 2017, ©CAPCOM U.S.A., INC. 2017 ALL RIGHTS RESERVED.

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

Share on Facebook1Tweet about this on TwitterShare on Google+0
IR 決算情報
Tagged with: ,