ゲームアプリ市場の識者に訊く2017年の振り返りとマーケティング動向【代理店・媒体・その他編】

Share on Facebook265Tweet about this on TwitterShare on Google+0

2017年、今年も数多くのスマートフォンゲームがリリースされました。昨今、IPタイトルが増加の一途をたどっていますが、完全オリジナルタイトルや海外発のタイトルなども多数ヒットを記録しています。膨大な数のアプリがあるなか、ユーザーに手に取って継続的に遊んでもらうためには、ゲームの面白さはもとより、きちんと魅力を届けるためのマーケティング施策が当然求められています。

そして2018年、AppleのiOS App StoreとGoogle Play(旧Android Market)は10周年を迎えます。 アプリ市場データを提供するApp Annie社によると、2018年には、 世界の全モバイルアプリストアを合計した消費支出が、前年比でおよそ30%増加し、1100億ドルを突破する見込みとのこと。支出の大半を占めるのはゲームですが、それ以外のアプリが2018年、支出に占める割合が増加し、増加ペースがゲームアプリを上回るといいます。 

今回「Active Media」では、年末特別企画として「ゲームアプリ市場の識者に訊く2017年の振り返りとマーケティング動向」を複数回に渡って掲載。スマートフォンゲームのマーケティングに携わる方々を中心にアンケートを行い、2017年で印象的だったタイトルやマーケティング施策についてお伺いしました。本稿では【代理店・媒体・その他編】として9社をご紹介。

※いただいた企業様からのコメントを尊重するため、最低限の編集作業に留めています。なお、並びは社名五十音順。

代理店・媒体・その他編】でご回答いただいた皆様

株式会社ADFULLY
代表取締役
小室喬志 氏

株式会社BitStar
マーケティング室
マーケティング・ディレクター
高尾啓人 氏

株式会社CA Young Lab
セールスマネージャー
石塚翔吾 氏

株式会社CyberBull
ダイレクトマーケティング事業部
マネージャー
深野博之 氏

株式会社D2C R
取締役
豊永雅史 氏

Glossom株式会社
取締役執行役員
有本恭史 氏

TUNE Japan株式会社
Head of Japan
岡田拡才 氏

アドイノベーション株式会社
広告事業部
執行役員兼部長
小山隼司 氏

株式会社サイバーエージェント
インターネット広告事業本部
スマートフォンセールス局 局長
松本洸介 氏

 

株式会社ADFULLY

代表取締役
小室喬志

Q1:2017年に注目したスマートフォンゲームとそのゲームを選ばれた理由を教えてください。

『青鬼2』です。本作は、大ヒットしたフリーのホラーゲーム「青鬼」の世界観を受け継いだ続編です。カジュアルゲームで多数の実績を持つGOODROID社と、人気YouTuberが多く所属するUUUM社が共同で開発し、現在は300万ダウンロードを突破。カジュアルゲームの中でも空前の大ヒットを記録しました。このアプリの素晴らしい点は、下記の2点。

①マネタイズ手段として「アプリ内課金」と「動画リワード広告」の両方を採用する事で通常のカジュアルアプリよりもLTVや継続率を高める施策を行なった事。

②プロモーション面でゲームと親和性の高いYouTuberがゲーム実況動画を配信する事で大きなバズを産み、大ヒットに繋がった事です。

今年はこちらのニュースにあるように、ソーシャルゲームのような課金メインのアプリでも課金+動画リワードのマネタイズ手法を採用する「ハイブリッドアプリ」が増えてきました。各社とも、数パーセントの課金ユーザーだけでなく、残りの九十数パーセントの非課金ユーザーをどのように満足させ、且つマネタイズするかを考え始めてます。国内で活躍する動画リワードネットワークも増えてますし、2018年はさらにこのような「ハイブリッドアプリ」が流行りそうです。

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると続きをお読みいただけます。

※Active Sonarにご登録いただいている方は、メディア会員の登録は不要です。ログイン後に、記事をお読みいただけます。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

Share on Facebook265Tweet about this on TwitterShare on Google+0
ちょいサキ! ピックアップ