ゲームへの新たな接点や自由度の高いメディアミックス展開が鍵か!? 今PCプラットフォームが選ばれる理由【TGS2017】

Share on Facebook6Tweet about this on TwitterShare on Google+0

東京ゲームショウ2017の初日となる2017年9月21日、DMM GAMESブース特設ステージにて、パネルディスカッション「アプリパブリッシャーだからこそ見えるPC市場」が開催されました。

当日は、シリコンスタジオ・執行役員の河原典昭氏、オルトプラス・ゲーム事業本部長北村紀佳氏、フォワードワークス・エグゼクティブディレクターの川口智基氏、Sincetimes日本法人・取締役の森昭生氏が登壇し、PCゲームへの展開に至った経緯や開発・運営の話など、PC市場についてディスカッションが行われました。なお、モデレーターはAppLovinの坂本達夫氏が担当。

本稿では、パネルディスカッションの模様について、レポートしていきます。

 

メディアミックスに強いPCプラットフォーム

最初のテーマは、PCのプラットフォームを選択した理由について。

河原氏は「PCでゲームをプレイするユーザーは継続率が高く、課金率も高い」と分析。スマホ版のデバッグもPCで行っているため、PC用のゲームを作ることに対してのハードルが高くないことも強調しました。

中国圏ビジネスを経験している森氏は、日本のPCゲームはまだまだ未成熟であると指摘。「PCゲーム大国である中国は、ゲームの総売上が約256億ドル。中国ではモバイルゲームを隙間時間にプレイし、PCゲームはのんびりプレイするといった風に、プレイスタイルが確立している」と言います。さらに、日本でPCゲームを出せないのは、海外企業からするとジレンマがあると続けました。

▲Sincetimes日本法人・取締役の森昭生氏

北村氏は、自社のゲームである『結城友奈は勇者である 花結いのきらめき』の認知度向上が目的だったことを明かします。本作のアニメ第2期の放送に合わせ、メディアミックスをしていくという展望も述べられました。

▲オルトプラス・ゲーム事業本部長の北村紀佳氏

「新規IPの世界観や、物語を出来る限り多くの人に楽しんでもらいたい」と語る川口氏。フォワードワークスのオリジナル作品『ソラとウミのアイダ』PC版の配信が2018年春以降に決まっており、ゲームへの接点を増やすという部分を重視した結果だと語りました。

 

プラットフォームにDMM GAMESが選ばれる理由とは?

続いてのテーマは、DMM GAMESを選んだ経緯について。

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると続きをお読みいただけます。

※Active Sonarにご登録いただいている方は、メディア会員の登録は不要です。ログイン後に、記事をお読みいただけます。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

Share on Facebook6Tweet about this on TwitterShare on Google+0
TGS2017 ピックアップ