<企業のコメント付き>ゲーム業界人注目! 来場前にチェックしておきたい「東京ゲームショウ2017」③【ビジネスソリューションコーナー編】

Share on Facebook76Tweet about this on TwitterShare on Google+0

▲東京ゲームショウ2016の様子

2017年9月21日(木)~24日(日)、幕張メッセにおいて、「東京ゲームショウ2017(主催:一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会[略称:CESA]、共催:日経BP社)<以下、TGS2017>」が開催されます。

9月6日(水)時点の出展社数は601社(昨年最終は614社)、出展小間数は1930小間(同1939小間)となり、出展社数は歴代2位、出展小間数は同3位となっています。海外出展社は315社(同345社)となり、昨年に引き続き全出展社601社の過半を占めています。

あわせて、ブース概要・出展予定タイトルの中間集計では、9月6日時点の出展タイトル数が1042 タイトルです。家庭用ゲーム機、スマートフォン、PCなど多彩なプラットフォームに向けて、話題のVR(仮想 現実)に対応した最先端のゲームから、誰でも気軽に楽しめるゲームまで、幅広いジャンルのゲームタイトルの出展が予定しています。

今回「Active Media」では、開催目前企画として「TGS2017特集記事」を3回に渡って掲載。スマートフォンゲームのマーケティングに携わる方々に有益な情報をお届けするべく、出展社情報を中心にTGS2017の特長を紹介していきます。ぜひ、当日来場される際は本特集記事をご参考にしてください。

さて、本稿では「ビジネスソリューションコーナー」の出展社を中心にご紹介。デバイスやマーケティングツールなど、ゲーム事業を支えるコンテンツ・サービスが国内外問わず多数出展しています。本コーナーはビジネスデイのみの出展となるため、まさに業界に身を置く方々がチェックすべき内容となっています。

そこで「Active Media」では出展社のことをより知っていただくために、事前アンケートを行いました。ブースや企業・サービスの特徴はもとより、来場者と具体的なマッチングができるよう事前情報を含めお答えいただきました。本稿では、ご回答いただいた企業様のみの掲載ですが、ぜひご参考にしていただければと存じます。

※いただいた生のコメントを尊重するため、最低限の編集作業に留めています。表記にブレが生じる点はご了承いただければ幸いです。なお、並びは社名五十音順。

会場マップ ビジネスソリューションコーナー(国際展示場4-6ホール)
http://expo.nikkeibp.co.jp/tgs/2017/business/map/index.html#map_bus

 

 ■IMAGICAイメージワークス / フォトロン

Q1:ブースの見所、または出展サービスの特徴・魅力について教えてください。

海外のeスポーツイベント映像演出で多くの実績を持つ、リアルタイムグラフィック演出システム「Vizrt」を初出展し、ゲームに関わるすべての皆さまに、最新のeスポーツ映像演出をご提案します。ゲーム画面を撮影したカメラ映像に、スポンサーロゴやキャラクター、選手情報などの多彩なグラフィックスをリアルタイムに合成し、観客を夢中にさせる映像演出を実現します。併せてゲームやアニメーションなどの 2D/3D コンテンツ制作事例をご紹介しますので、ご来場の際は是非足をお運びください。

▼e-Sportsイベント『League Of Legends MSI 2017 Tournament』での「Vizrt」映像演出事例

 

Q2:どういう方にブースへ訪れてほしいでしょうか。

e-Sportsイベントのリアルタイム映像演出に興味をお持ちの方、コンシューマおよびスマホゲームの開発者様、2D/3Dのグラフィック・映像制作のご相談のあるお客様。

 

Q3:ビジネスデイに訪れるゲーム業界関係者にメッセージをお願いします。

海外のe-Sportsイベントで見られるような、観客を夢中にさせる「Vizrt」の映像演出を、ぜひ会場でご覧ください。皆様のご来場をお待ちしております。

 

■イー・ガーディアン

Q1:ブースの見所、または出展サービスの特徴・魅力について教えてください。

イー・ガーディアンは、スマートフォンアプリやオンラインゲームを中心に600タイトル以上のカスタマーサポート実績を有しており、海外ゲーム会社の日本進出支援も数多く手がけてまいりました。最近は、カスタマーサポートのノウハウを活かし、ゲーム・エンタメ業界に特化した、チャットボットソリューション「G-Bot」の提供を開始しております。

ブースでは、多言語対応可能なチャットボットを活用したカスタマーサポートやユーザー間コミュニケーションの監視業務、公式SNSアカウントの運用等を行うコミュニティマネジメント、デバッグ、人材派遣などゲームのバックヤード業務全般のサービスを紹介いたします。

 

Q2:どういう方にブースへ訪れてほしいでしょうか。

海外ゲーム会社で、日本人好みのサービスが分からず困っている企業様。

 

Q3:ビジネスデイに訪れるゲーム業界関係者にメッセージをお願いします。

「世界一高いサービスレベルを求めるゲームプレイヤー様へ、質量鮮度を大切にした対応を!」をモットーに、イー・ガーディアンはゲームCS、公式SNS運用に取組み、日本のゲームプレイヤー様との信頼関係の作り方についてナレッジを貯めてきました。

昨今は、LINEカスタマーコネクトの正式パートナーとして、AI技術による自動応答を活用したカスタマーサポートにも着手し、お客様の課題解決に貢献しております。常に最新・最良の手法を取り入れる姿勢をご評価いただき、これまで600タイトル以上の実績を有するまでになりました。

今回のTGSブースでは、日本のゲームプレイヤー様との信頼関係の作り方のコツを、1社でも多くの海外ゲーム企業様へ知っていただきたいと考えております。中国語、英語など複数の言語が話せるスタッフもブースにおりますので、ご興味のある方はぜひ、お立ち寄りくださいませ。

 

■エビリー

Q1:ブースの見所、または出展サービスの特徴・魅力について教えてください。

弊社エビリーのブースでは、ゲーム企業様からの導入が多い「kamui tracker」という、動画マーケティング支援ツールを出展いたします(https://kamuitracker.com/)。「kamui tracker」は、YouTubeをはじめ、SNS動画プラットフォームの様々な推計データを提供しており、11万以上のインフルエンサーデータや、2,000万件以上の動画視聴データを、多角的な切り口で分析ができるツールです。

ゲーム企業様のYouTuberを起用したタイアップ施策が増える一方で、施策上の「意思決定」・「振り返り」・「情報収集」に関して、各社マーケティング・プロモーションご担当者様は、多くの悩み・課題を抱えています。YouTuberタイアップ施策の様々なシチュエーションで役立つ機能を持つ「kamui tracker」なら、そんな悩みを解決できます! 詳細は弊社ブースでご紹介しますので、ぜひお立ち寄りください!

 

Q2:どういう方にブースへ訪れてほしいでしょうか。

「kamui tracker」を導入いただいているゲーム企業様の多くは、YouTuberタイアップ施策に関する、「自社プロモーション分析」・「競合他社のプロモーション分析」・「市場トレンドのキャッチアップ」などに活用をいただいております。

YouTubeプロモーションを強化されている企業様だけでなく、これから強化される企業様も、ゲームプロモーションに関わるマーケティング&プロモーションご担当者には、ぜひお越しいただければと思います。

 

Q3:ビジネスデイに訪れるゲーム業界関係者にメッセージをお願いします。

ビジネスデイの2日間にて、ゲームプロモーションに関わる多くの方とお会いできればと思いますので、当日のブースでは以下2点をご用意しております。

(1)「”ゲーム業界向け”動画市場総括レポート(TGS版)」をお配りします!※数量限定※
マーケティング&プロモーションご担当者様が抱える悩みの1つに、「動画市場トレンドをキャッチアップする労力」があります。そこで、kamui trackerのデータベースをもとに作成した「”ゲーム業界向け”動画市場総括レポート(TGS版)」をご用意しておりますので、少しでも皆様の日々の業務に活かして頂ければと思います。

(2)kamui tracker「タイアップレポート機能」を付与したお試しアカウント
「1分で作成できる自社タイアップ実績レポート機能」が付いた、「kamui tracker無料アカウント」の応募を、当日のブースでも受け付けておりますので、ご希望の広告主様は、ぜひ応募ください!

 

■x10studio

Q1:ブースの見所、または出展サービスの特徴・魅力について教えてください。

x10studioはハイエンドな映像表現を得意としています。CM/ ゲーム/ アトラクション/ プロジェクションマッピング等、幅広い媒体と表現に対応できる国際色豊かなスタッフが揃っています。展示は、アニメ「ミュータント・タートルズ」にもゲスト出演したアメリカンコミック「UsagiYojimbo」の世界を旅するストーリー体験型VRと同キャラクターのARを展示します。本物の忍者監修の「猫忍者道場篇」と江戸時代の二条城を舞台に戦う「二条城篇」の各体験版で江戸時代にタイムトリップ出来ます。

Q2:どういう方にブースへ訪れてほしいでしょうか。

世界観がしっかりしていてグラフィックや動きがリッチなVRやARの制作を検討している方。海外向けのコンテンツ制作を検討中の方にも、欧米、アジアのスタッフが対応できます。映像コンテンツと一緒にARなどを使ってプロモーションを検討している方。

 

Q3:ビジネスデイに訪れるゲーム業界関係者にメッセージをお願いします。

日本の強いIPを世界に発信するお手伝いができたらと思います。

 

■GameWallet(シーエー・モバイル)

Q1:ブースの見所、または出展サービスの特徴・魅力について教えてください。

iOSゲームアプリの課金時にサイトを経由して頂くと、課金額の数%がコインとして還元されるキャッシュバックサイト『GameWallat』を活用した、3つのゲームアプリデベロッパー様向けの広告プロダクトを出展しております。

①事前予約/課金アフィリエイト広告『GameWalletAD』
②事前予約広告ネットワーク『YOYAKURU by GameWallet』
③運用型広告のキャンペーン最適化ツール『GameAI』

GameWalletには、ゲームをやりこんでくださっているユーザー様が多くいらっしゃるため、そのデータを活かしてゲームアプリ市場を活性化し続けられるメディアでありたいと思っております。

 

Q2:どういう方にブースへ訪れてほしいでしょうか。

ゲームアプリデベロッパー様、広告代理店様については、ゲームアプリのプロモーションに関してお力添えできればと考えています。ゲームメディア様については、メディアの成長や収益化のご支援が出来ればと考えております。

 

Q3:ビジネスデイに訪れるゲーム業界関係者にメッセージをお願いします。

GameWalletでは、ゲームアプリ業界を活性化出来る様なコンテンツを常に考えており、市場変化に合わせ、プレイしてくださっているユーザー様との設定を最大化出来る様日々改善を行っています。直近では、広告のパフォーマンスを向上させるデータの活用に注力しておりますので、当日お話をお伺いできれば幸いです。

 

■テクノブラッド

Q1:ブースの見所、または出展サービスの特徴・魅力について教えてください。

日本では取り組みがようやく始まったモバイルゲーム向けのセキュリティソリューションの出展です。世界No.1セキュリティソリューションを提供するINCA Internet社と共同でnProtectAppGuardをご案内します。

日本では2016年現在モバイルゲーム市場での悪性ユーザーによる不正行為が年間600億円ほどの被害額になっており、2017年はゲーム市場の拡大とともに更に増加する見込みです。世界No.1の実績を持つnProtectAppGuardでメーカー様の大切なゲームを保護していくことの重要さ、システムとして優れたところを余すことなくご紹介してまいります。

 

Q2:どういう方にブースへ訪れてほしいでしょうか。

スマートフォンゲームのセキュリティ担当者、開発者、人力でセキュリティを対応して、お悩みのメーカーご担当者様。

 

Q3:ビジネスデイに訪れるゲーム業界関係者にメッセージをお願いします。

現在、モバイルゲームに向けたセキュリティ対策はメーカー様を悩ませる大きな問題になりつつあります。しかし、日本ではようやくセキュリティ対策が始まった状況であり、やや取り組みが遅れているのも現状です。

弊社ブースではNo.1ソリューションをブースにてご案内しております。ブースでお話をさせていただいた方にはお得な導入キャンペーンをご用意しております。

また、ビジネスデイ2日目、9月22日金曜日・14時~15時に国際会議場3F 301会議室にてセキュリティセミナー・「モバイルゲームにおけるハッカーとの槍と盾の攻防戦」を開催します。弊社ブースへのご訪問とともに是非セミナーにもご参加いただければと考えております。http://expo.nikkeibp.co.jp/tgs/2017/business/forum/index.html

 

■Brushup

Q1:ブースの見所、または出展サービスの特徴・魅力について教えてください。

Brushup(ブラッシュアップ https://brushup.net)は、静止画・動画・Officeドキュメントなどに対して、インターネット上でフィードバックできるレビューサービスです。イラストや動画などのコンテンツ制作に関わる企業に多く導入されています。Brushupのレビュー機能は、静止画だけではなく動画にも手書きでフィードバックできます。また、Photoshopなどのデザインデータをアップロードするだけで、プレビュー画像を生成。だれでも専門的なソフトウェアなしにデザインデータを確認できます。コメントのやりとりやレビュー、データはタイムラインに残るため、変更や修正の経緯をかんたんに振り返ることができます。

今回のブースでは、Brushupの特長を紹介する漫画風のブースを制作いたしました。Brushupをご利用いただいてるお客様のキャラクターとコラボレーションし、ポップで楽しい雰囲気に仕上げています。ぜひ会場でご覧ください!

 

Q2:どういう方にブースへ訪れてほしいでしょうか。

イラスト制作に関わっているディレクターの方 動画制作に関わっているディレクターの方 フライヤーやリーフレットなど、販促物の制作に携わっている方。

 

Q3:ビジネスデイに訪れるゲーム業界関係者にメッセージをお願いします。

「あのデータどこだっけ。メールが多すぎて行方不明…。」「イラストデータをダウンロードしようと思ったら、リンクが期限切れ…」皆さん、こんなことでお困りではないですか? そんなお悩みをBrushupは一気に解決します!

「作業効率が上がった!」「一目で進捗管理ができる!」などお客様からの嬉しいお声をいただいています。「メールでのやり取りを1/10に削減」「残業時間を3割削減」「進捗管理にかかる時間を削減することで新しい案件を入れられ、売上が2割増えた」など、嬉しい成果も出ています。

また先日待望のアプリをリリースし、外出先からでもスマホやタブレットでレビューや進捗を確認できるようになりました。ますます手軽に、ますます良質になったBrushupをお試しになれば、「これが欲しかった!」と思わず口にしてしまうこと間違いありません。どなたでも今すぐ無料で始められます!

 

■ミリアッシュ

Q1:ブースの見所、または出展サービスの特徴・魅力について教えてください。

イラストの展示と、クリアファイルの配布を行っております。かねてよりお世話になっているイラストレーターのノビル様、神代ぴよ様のハイクオリティでかわいいイラストをタペストリーにしました。当日は数量限定で、神代ぴよ様のイラストをデザインしたクリアファイルの配布を行っております。たくさんの実績を掲載した会社案内もご用意しておりますので、よろしければ是非お立ち寄りください。

 

Q2:どういう方にブースへ訪れてほしいでしょうか。

イラストまわりでなにかお困りの方はもちろんですが、ゲーム好きの方々とゲームについてたくさんお話しできたらと考えております。イラストレーター様、専門学校様も是非お立ち寄りください。また、イラスト制作会社様、サウンド制作会社様、シナリオ制作会社様、ゲームクリエイティブに関わる皆様と繋がり、良きご縁を頂けますと幸甚です。

 

Q3:ビジネスデイに訪れるゲーム業界関係者にメッセージをお願いします。

キャラクターデザイン、版権、デフォルメ、背景等、2Dイラストに特化した制作会社です。クリエイターの方々と深くコミュニケーションを取り、新しいクリエイティブの可能性を模索しております。また、Live2DやEmoteによる制作もお引き受けしております。少数精鋭ならではのフットワークで、微力ながらゲーム業界盛栄の一助を担えるよう邁進して参ります。なにとぞよろしくお願い申し上げます。

 

■MUGENUP

Q1:ブースの見所、または出展サービスの特徴・魅力について教えてください。

MUGENUPは、クリエイティブ制作に特化したプロジェクト管理ツール「セーブポイント(https://www.savept.com/)」の実機デモを出展いたします。「セーブポイント」は、日本最大級のアートスタジオであるMUGENUPの制作現場で実際に使われているシステムを元に開発され、ゲームを中心に200プロジェクト以上で利用が進んでいます。東京ゲームショウでは「セーブポイント」の実機デモを触っていただきながら、使い方や機能をご体験いただけます。

▼注目の新機能(1):3Dビューワー機能
3Dビューワーですぐにチェック。
3Dモデル・モーションデータをブラウザ上でプレビューする機能です。外出先やノートPCなど専用ソフトがない環境でも、誰でも3Dデータの閲覧ができるようになります。

▼注目の新機能(2):画像に追記機能
イラストにフィードバックを追記。
「セーブポイント」に投稿したイラストに、「テキスト」や 「参考画像」を追記できる機能です。簡単なフィードバックは「セーブポイント」内で完結でき、より効率的に制作を進められます。

 

Q2:どういう方にブースへ訪れてほしいでしょうか。

▼ゲーム開発や制作管理の効率化でお悩みの皆様をお待ちしております!
プロデューサーやディレクター、デザイナーなど、ゲームのクリエイティブを制作する現場において、「効率的な管理」を求める全ての関係者の皆様をお待ちしております。

▼ブースでは「セーブポイント」の効率的な制作管理体制を体験できます。
ゲーム開発に代表される大規模なクリエイティブ制作を必要とするプロジェクトでは、制作会社や個人クリエイターなど、多数の関係者の制作物データや進捗状況を並行管理するコストが膨大になり、ミスや事故の温床にもなります。

「セーブポイント」の機能を実機デモで触っていただくことで、制作現場の負担や工数を軽減する効果をご体験いただけます。

▼「セーブポイント」の主な特徴。
・1つの制作物に対して1スレッドのやり取りで完結。
・外注先の制作会社や個人クリエイターの一括管理。
・制作過程を含む、あらゆるデータの保存とバージョン管理。
・制作ステータスやガントチャート等、制作状況の視覚化。
・PSD、AI、 3DCGファイル等のプレビュー機能。

 

Q3:ビジネスデイに訪れるゲーム業界関係者にメッセージをお願いします。

モバイルゲーム開発において200プロジェクト以上の利用実績を持つ「セーブポイント」。リリースから2年が経過し、多くのプロジェクトで効率化を実現してまいりました。

今年はブラウザ上で3Dモデル・アニメーションを確認できる「3Dビューワー」機能や、「画像に追記」機能を展示しておりますので、2Dと3D、どちらのプロジェクトの方にも、ぜひご覧になっていただきたい内容となっております。

実機デモに加えて実際の利用事例も公開しておりますので、大量・多様なアセット管理にお困りのディレクター・デザイナー様や、現場効率化をお考えのマネージャー様は、ぜひブースにお立ち寄りください。さらに実機デモを触っていただいた方には、「セーブポイント」の無料体験版アカウントをご提供いたします。この機会に、ぜひお試しください!

 

■訳坊

Q1:ブースの見所、または出展サービスの特徴・魅力について教えてください。

株式会社訳坊はゲームのローカライズを専門に展開している翻訳会社です。主な実績は、中華圏ゲームの日本語版作成。およそ8年前からこの業界に参戦し、現在ランキング入りしているゲームの半数以上に関わっております。業務範囲を日本語版ローカライズから世界観の構築、シナリオ制作、音声収録などに広げ、翻訳会社という言葉のプロからの視点でより完成度の高いゲームを目指して日々奮闘し、安定したパフォーマンスでクライアントからも高い評価をいただいております。

また、日本のタイトルの繁体字・韓国語・英語へのローカライズも好評を得ております。社内の中国語・韓国語・英語に精通したスタッフによるクライアントとの緊密なコミュニケーションと、優れた翻訳者とのおもしろいコンテンツ作りに日々精進してまいります。ブースではこうした実績をメインに紹介する予定です。

 

Q2:どういう方にブースへ訪れてほしいでしょうか。

中華圏ゲームの日本リリースを考えていらっしゃる方々のご来訪をお待ちしています。また、今後増加すると予想される日本タイトルの海外展開をご検討中の皆さまにも、ぜひ弊社チームを知っていただきたいです。

弊社の翻訳チームはライティング力が高く、ゲームを熟知しております。原文の意味を的確に把握した上でのカルチャライズと、正確なだけではなく、プレイヤーがどんどん読み進みたくなるようなテキストを目指しております。翻訳チームはほぼ専属で、メンバーは8年間変わっていません。それと同時に、若手翻訳者を育成するためのトレーニングを随時行っています。

『甲虫王者ムシキング』が一世風靡した時から中国版のゲーム翻訳に携わり、『消滅都市』など多くのタイトルを担当いたしました弊社に、ゲームやアニメの共同開発などの言語に関わる部分を担当させていただければ幸いです。

 

Q3:ビジネスデイに訪れるゲーム業界関係者にメッセージをお願いします。

訳坊はゲームコンテンツに特化して、多くの仕事をしてきました。業務も翻訳からナレーション、シナリオ作成などに広がっております。今後もどんどんチャレンジしていきます。お困りのことや、やってみたいことがありましたら、ぜひお声かけください。 

 

※そのほかの出展社は下記を参照

<ビジネスソリューションコーナー出展社一覧>
http://expo.nikkeibp.co.jp/tgs/2017/business/map/list/index.html?category=16

 


 

■イベントステージプログラム

ビジネスデイには、「TGSフォーラム2017基調講演」「グローバル・ゲーム・ビジネス・サミット2017」、「日本ゲーム大賞2017 経済産業大臣賞・年間作品部門の発表授賞式」、「センス・オブ・ワンダーナイト 2017」など多数のイベントステージが開催されます。こちらも合わせてご紹介します。

<ビジネスデイ>
●9月21日(木)
10:30~12:00
基調講演 「日本におけるe-Sportsの可能性」

13:00~14:30
グローバル・ゲーム・ビジネス・サミット 2017 テーマ『ゲームのデジタル流通』

16:00~17:30
日本ゲーム大賞 2017 「経済産業大臣賞」 「年間作品部門」 発表授賞式

http://expo.nikkeibp.co.jp/tgs/2017/business/forum/index.html

 

■「東京ゲームショウ2017」 開催概要
名称:東京ゲームショウ2017 (TOKYO GAME SHOW 2017)
主催:一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会(CESA)
共催:日経BP社
※東京ゲームショウ2017はJ-LOP4の補助を受けています
特別協力:ドワンゴ
会 期:2017年9月21日(木)~22日(金) ビジネスデイ 10:00~17:00
※ビジネスデイは、ビジネス関係者およびプレス関係者のみのご入場となります。
9月23日(土)~24日(日) 一般公開日 10:00~17:00
※一般公開日は、状況により、9:30に開場する場合があります。
会場:幕張メッセ(千葉県千葉市美浜区)
展示ホール1~11/イベントホール/国際会議場
来場予定者数: 25万人
入場料:一般(中学生以上)・・・当日1,200円(前売券:1,000円)
(一般公開日)小学生以下は無料

公式サイト
http://expo.nikkeibp.co.jp/tgs/2017/


【関連リンク】

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

Share on Facebook76Tweet about this on TwitterShare on Google+0
TGS2017