enish、第2四半期累計の売上高は22.8%減 同社開発の「欅坂46」公式ゲームアプリは今秋リリース予定

Share on Facebook6Tweet about this on TwitterShare on Google+0

【決算概要】

 株式会社enishは2017年12月期第2四半期の決算を発表した。第2四半期までの累計(2017年1月1日~6月30日)業績は売上高19億3,700万円(前年同期比22.8%減)、営業損益4億3,200万円の赤字(前年同期1億5,800万円の赤字)、経常損益4億1,500万円の赤字(同1億6,600万円の赤字)、四半期純損益4億7,900万円の赤字(同2億3,800万円の赤字)となった。なお、経営資源の集中を理由に、女性向けタイトルの開発が凍結された。このため、1億6,800万円の特別損失を計上している。

(出典)2017年12月期 決算説明会資料 p5

 四半期毎の推移を見ると、第2四半期は売上高8億9,400万円、営業損益は2億3,000万円の赤字となっている。売上高が10億を割り込むなど下降しているが、この傾向は新規タイトルのリリースまで続くとしている。

(出典)2017年12月期 決算説明会資料 p6

 

【事業状況】

 注力タイトルである『12オーディンズ』(iOS/Android)は、人気IP「FAIRY TAIL」「七つの大罪」とのコラボレーションなどで施策の強化を行った。また、中国の大手メディアグループ・上海东方明珠迪尔希文化传媒有限公司と独占的ライセンス契約を締結し、中国での配信が決定している。配信開始は2017年夏頃とされていたが、詳細は未発表。

 ブラウザゲームでは、4月に『プラチナ☆ガール』をゲーム開発・受託運営事業の株式会社ビジュアライズへ譲渡した。

 6月には、同社が開発を担当した「Yahoo!ゲーム プレイヤー」(「Yahoo!ゲーム」のスマートフォン向けゲームをPCブラウザで遊ぶことのできるソフトウェア)がリリースされ、ローンチタイトルとして『12オーディンズ』を提供している。

(出典)2017年12月期 決算説明会資料 p23

 ゲーム以外の事業では、ファッションレンタルサービス「EDIST.CLOSET」と、4月にリリースした婚活アプリ「metune(ミーチュン)」がある。「EDIST.CLOSET」は月額定額制でプロのスタイリストが提案するコーディネートをセットで貸し出すサービスで、人気スタイリストやアパレルとコラボレーションした旬のコーディネー トセットが人気を獲得し、より利用者が増加している。

(出典)2017年12月期 決算説明会資料 p21

 

【見通し】

 2018年12月期の業績見通しは、現時点で合理的な業績予想が困難であることを理由に非開示となっている。注目の集まる新規タイトルは、人気アイドルグループ「欅坂46」初の公式ゲームアプリ『欅のキセキ』が今秋にリリースを控えている。

(出典)2017年12月期 決算説明会資料 p14

 既存の主力タイトル『12オーディンズ』は年内に大幅なアップデートを予定しており、準備が進んでいるという。加えて、同作はタイでの配信も決定し、期待が高まっている。

(出典)2017年12月期 決算説明会資料 p17

(出典)2017年12月期 決算説明会資料 p16

 中長期の戦略としては、ゲーム事業に続く収益の柱として、非ゲーム事業にも積極的に投資し、事業拡大を実施する方針だ。

(出典)2017年12月期 決算説明会資料 p11

(出典)2017年12月期 決算説明会資料 p19


【関連リンク】

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Share on Facebook6Tweet about this on TwitterShare on Google+0
IR
Tagged with: , ,