ネットカフェで無料プロモーション!! O2Oを可能にする「AppGrade」とは!

Share on Facebook89Tweet about this on TwitterShare on Google+0

「凄テク!節約マーケティング」では、優れたアイデアで低コストなマーケティングを実現する手法やサービスを紹介していきます!

第2回は、ネットカフェを通じた、新しいプロモーションメディア「AppGrade」。株式会社テクノブラッドの中山様と岩間様に、「AppGrade」について伺いました!

ネットカフェとスマホゲームの架け橋「AppGrade」

見学
まず初めに、「AppGrade」がどんなサービスなのか教えてください。
中山
「AppGrade」は、2016年10月にサービスを開始した、主にネットカフェなどの実店舗に来店されるお客様に対して、スマホゲームを無料で訴求できるメディアです。
公認店と呼ばれる店舗に来店することで、ゲームの特典(アイテム等)を毎日1つ貰えたり、キャンペーンに応募できたりします。
岩間
また、特典の付与だけでなく、e-Sportsイベントや店舗ジャック、限定キャンペーン応募など様々な施策と組み合わせることも可能です。
中山
ユーザーさんがゲームのアイテムを獲得できるだけでなく、ネットカフェへの来店動機付けやゲームタイトルの認知が可能なため、ネットカフェ事業者さんやスマホゲームメーカーさんにご好評いただき、利用するゲームメーカーさんも増えております。
見学
3者にメリットがあるのは凄いですね! サービス開発のきっかけはなんだったのでしょうか?
中山
我々はネットカフェの事業支援や広告事業を手掛けており、ほとんどのネットカフェ事業者さんと取引がございます。これまで、主にPCオンラインゲームなどのコンテンツを通じて、ネットカフェへの来店を促すキャンペーンやプレイ特典などを実施してきました。
近年の国内スマホゲーム市場拡大を受け、PCオンラインゲームで培ったノウハウを活かせないかと考えたのがきっかけです。
岩間
例えば、PCオンラインゲームの場合、ネットカフェでプレイすると経験値が2倍になるといった特典があり、ユーザーさんの来店動機になっています。
「AppGrade」では、このような来店動機に繋がる施策を、スマホゲームに合わせて、ご提供しています。
見学
ありがとうございます。実際にネットカフェ店舗にはどのようなお客様が来店されているのでしょうか?
中山
20~30代の方が中心で、男性が約8割となっています。最近は、女性専用ブースを用意し、女性客増加に注力しています。

(出典)テクノブラッド媒体資料 p.9

見学
私も行ったことがありますが、アメニティが充実している店舗もありますね! では、「AppGrade」はどれくらい利用されているのでしょうか?
中山
現在、ゲーム特典を提供しているゲームは18タイトルあり、月に2万回ほどユーザーさんがアイテムを獲得しています。
岩間
ネットカフェの来店客に「AppGrade」のゲーム特典サービスを、もっと利用してもらうため、ブース内のデスクトップ広告や店舗ポスターを全国の店舗で訴求しています。
デスクトップ広告は通常有料でご利用いただいていますが、今ならキャンペーンとして「AppGrade」で取り組みを開始されたゲームメーカーさんへ無料でご提供しています!
中山
毎日アイテムが貰えるということが来店動機に繋がるため、ネットカフェ事業者さんにも、店舗へのポスター掲載など積極的にご協力いただけています。
見学
全国のネットカフェ利用者に対して、無料でゲームを知ってもらうことができるのは嬉しいですね! 実際に、スマホゲーム会社が「AppGrade」を導入する際には何が必要になるのでしょうか?
中山
「AppGrade」をご利用いただくために、ゲームアイテムなどの特典付与の仕組みをゲーム内に実装いただく必要があります。付与の方法は2つあり、シリアルコードを利用する方法と公認店でのWi-Fi接続を識別するAPIを利用する方法になります。
他には、「AppGrade」や店舗で使用する、ゲーム内の画像が必要となります。
見学
どれくらいの期間で開始できますか?
中山
ご対応が早いゲームメーカーさんの場合、1週間くらいで運用開始できた実績があります。

ユーザーのコミュニティを活性化する「店舗イベント」

見学
かなり早いですね! 他にはどのような取り組みがあるのでしょうか?
岩間
私が担当しているe-Sports事業では、ユーザーさん同士や、ユーザーさんと運営の結びつきを強化させるための店舗イベントを手がけています。
「AppGrade」でゲームタイトルの認知やユーザーさんの継続率を向上させて、店舗イベントでユーザーさんとのエンゲージメント強化に繋げていければと考えています。
見学
店舗イベントとはどのようなものなのでしょうか?
岩間
ネットカフェ内のカフェスペースを有効活用したイベントになります。例えば、ユーザーさんを集めたゲーム大会や、運営との交流がメインのファンミーティングなどです。
ゲームメーカーさんがイベントを開催しようする場合、会場を押さえたり、インターネット回線や電源を用意したりといった準備が大変ですが、ネットカフェなら、そのような設備が全て揃っています。さらに、参加者にドリンクを提供することも可能です。

見学
ネットカフェは静かなイメージがあったので、意外ですね!
中山
実は、以前からPCオンラインゲームのオフラインイベントを、ネットカフェで実施していました。
岩間
最近はネットカフェの主力コンテンツであるPCオンラインゲーム市場が伸び悩んでおり、代わりにスマホゲームでのネットカフェスペースの活用を推進しております。
新しい顧客を獲得するために、イベントスペースを作るネットカフェ事業者さんも増えています。
見学
店舗イベントについてのスマホゲームの事例はありますか?
岩間
DeNAさんが運営する『逆転オセロニア』は、昨年の6月くらいから取り組みが始まり、現在は全国11店舗でのゲーム大会を同時開催するくらい規模が拡大しております。
中山
イベントはネットカフェに集まったユーザーさん同士での対戦のほか、各店舗の勝者同士が全国一を決める対戦をしています。
岩間
オフ会の延長といった雰囲気で、対戦中以外の時間はユーザーさん同士のコミュニケーションが多く、攻略方法などの情報交換をしていますね。
中山
「AppGrade」でネットカフェに来店しアイテムを獲得することが、イベント参加へのきっかけになることも多いです。我々としては、「AppGrade」と店舗イベントを合わせて実施することで、効果を最大化できると考えています。
見学
どれくらいの参加者が集まるのでしょうか?
岩間
『逆転オセロニア』の場合、前回開催したときは東京で50名ほどのユーザーさんにお集まりいただきました。
1店舗に入りきらない規模になってきたため、次回の東京での開催は2店舗とする予定です。
中山
店舗イベントでコミュニティが形成されてきており、イベント参加者が新しいユーザーさんを連れてくるという流れが生まれています。
見学
リアルイベントならではのコミュニティができているんですね。どんなユーザーが参加されているのですか?
岩間
ゲーム内ランキングで上位のユーザーさんやTwitterで有名な方、動画配信をしている方が参加することもあります。
中山
そのような有名なユーザーさんに会うために、イベントに参加するといったユーザーさんも多いです。
我々としては、そういったスターをどんどん作っていきたいですね。
見学
対戦の仕組みがないスマホゲームの場合は、店舗イベントは難しいのでしょうか?
岩間
ゲームメーカーさんとユーザーさんの関係性を深めるファンミーティングが人気です。
最近は動画を使ったコミュニケーションが盛んで、例えばネットカフェにユーザーさんを呼んで公開生放送をするといったイベントも開催可能です。
中山
ゲームメーカーさんの要望をうかがいながら、ユーザーさんとのコミュニケーションの場を提供しています。ぜひ、ネットカフェのスペースを有効利用して、ファンとコミュニケーションをとってほしいですね!

今後について

見学
では、最後に今後の展開についてお聞かせください。
中山
「AppGrade」は、まだまだ始まったばかりです。ゲームメーカーさんにもご協力いただきながら、ユーザーさんにとってよりよい場を提供していけたらと思います。
岩間
店舗イベントもスペースとWi-Fi環境があれば実現できるので、ネットカフェに限らず、居酒屋やカードショップ、美容室など様々な業種の店舗で実現できないか検討しております。
中山
模索段階ではありますが、ゲームメーカーさんと面白い取り組みをやっていきたいです!
見学
まだ成長段階にある「AppGrade」に期待ですね。本日はありがとうございました!

Share on Facebook89Tweet about this on TwitterShare on Google+0
凄テク!節約マーケティング